辻本杏 vol.1An Tsujimoto

グラビアアイドルから2014年3月にteamZERO専属女優としてAVデビューを飾った辻本杏ちゃん。透明感のある正統派美少女というイメージの彼女だが、その素顔は意外に……?!変わった初体験の話も飛び出す第一回。

それまで痛くて入らなかったのに学校のトイレでしたら、すんなりと

グラビアアイドルから、AVに転身したんですよね。

そうですね。イメージビデオが中心だから、本当はグラビアはあんまりなかったんですけどね(笑)。

その、きっかけは?

普通に就職してたんですけど、職場がおばあちゃんばっかりで、話題にも入っていけなくて。だってお墓の話とかなんですよ(笑)。それで他の仕事をしようかなと思っていた時に、募集のサイトを見つけたんです。

グラビアアイドルというと、自分の身体に自信があった?

全然ないです。でも、やってみようかなって思ったんです。人前に出てみたいなという気持ちはありましたね。

辻本杏vol.1

結構、際どい水着とかもありましたよね。

最初は恥ずかしかったけど、慣れちゃいましたね。タイではビーチで撮ったんですけど、開放的で気分よかったです。でも、イメージシーンの撮影って、未だに恥ずかしいんですよね。自分から動かないといけないじゃないですか。どうやってやればセクシーな感じになるのか、わからなくて。カラミだと、男優さんがリードしてくれるから、いいんですけど。

というわけで、その後にAVデビューするんですが、その時は抵抗はなかったんですか?

無いことも無かったんですけど、やれば出来るかなって。

デビュー作で、セックスは初体験の一回っきりって言ってましたが、本当なんですか?

それは本当です。ただ、その前にも前戯まではしたんですけど、痛くて入らなかったというのはあるんですけどね(笑)。

じゃあ、その初体験について教えてもらえますか?相手は彼氏ですか?

そうです。高校二年の時ですね。ずっと好きな人だったんですけど、なかなか上手くいかなくて、別れたり、またつきあったりを繰り返してました。それで初体験をしたのも別れ話の後なんですよ。人気のない別校舎で、もう別れようって話をしてたら、手を引っ張られて、トイレの個室に連れ込まれて。もうオスの目になってたんです。別れる前に最後にセックスしたかったんじゃないかなぁ。でも、私も嫌いになったわけじゃなかったから、そのままなぁなぁで。

辻本杏vol.1

その彼と、前戯まではしてたんですよね。

フェラとかもしてたんですけど、いざ入れようとしたら、痛くて、こんなの無理だと思ってできなかったんです。

それがそんなレイプみたいにされたら、余計に痛かったのでは?

それが、痛くなくてちゃんと入ったんですよね。自分でも不思議なんです。便器に座ってバックで。背面座位っていうのかな。

そのシチュエーションに興奮してたのかも?

そうなのかなぁ。でも、その後は、もう彼氏とかいいやって思って、全然つきあったりとかなかったですね。自分から積極的に外に出る方じゃないから、出会いのチャンスとか無くて。

恋愛欲はなかったんですか?

あんまりないのかな。友達の彼氏の話を聴いたりすると、いいなぁとも思うけど、面倒くさそうだなとも思うし(笑)。だから、それから今まで、ずっといないです。

ラブストーリーの映画とか漫画とかは見ないんですか?

見ればキュンキュンするんですけど、実際にそういう人もいないし。私がキュンキュンするのは、二次元のかっこいい男子だけですね。

え、そういう系なんですか?

まぁ……好きです。今だと、「俺物語!!」の猛男とかいいですね。

かっこいい男子って言ってましたけど、あんまりイケメン系じゃないんですね。

イケメンは苦手なんですよ。カッコよすぎると、私が落ち着かないから。

辻本杏 vol.2へつづく