篠宮ゆり vol.2Yuri Shinomiya

ファンの方はご存知だろうが篠宮ゆりは大の二次元好きだ。「ひろいんになりたい17歳だにゃあ!」と記したツイッターの自己紹介欄には彼女のヒロイン願望が垣間みられる。そんなドリームガールの実態が明かされる第2回。

生身の男の人は「汗かくし」って思っちゃう。

さっき「プライベートと撮影のセックスは別」という話になったけれど、私生活のゆりちゃんはどんな女の子なのかな?

暗い…です(笑)

自分の性格をヒトコトで言うと?

引きこもりのオタク…かな…。

うそーーーー!(笑)

そうですよ。お休みの日は、お腹が空いて起きて、ちょっと食べてまた寝て…そして寝られなかったらゲームやって…また寝て…の繰り返しです。あまりワイワイするのが苦手なので家でゆっくりすることが多いです。だから「クリスマスだからイルミネーション見に行こう!」とかいう感じの人とは付き合えないかも。

篠宮ゆり

もしそう誘われたら?

「混んでるよ? 寒いよ? それでも行く?」って返しちゃいます(笑)。理想のデートはお家でお互い別のことしている…感じかな。私がゲームをして相手が本を読んでいる、とかがいい。同じ空間に一緒にいてラクな人がいいな。

理想の男性のタイプってありますか?

面倒見がよくて、私のことを分かってくれる人かな。とにかく見守ってくれる人がいいですね。

具体的には? アイドルとかタレントとか…。

それが私…二次元が好きだからあんまり生きている人をカッコいいとか思ったことがなくて…。タレントさんとかの名前もすっごい疎いんです。

「生きてる人」って(笑)。ちなみに二次元だと誰が好きなの?

「アムネシア」というゲームのトウマくんというお兄チャンキャラが好きなんです…ちょっと病んでいるんですけど…面倒見がよくて…。まさに理想の男の人ですね。

担当マネージャー「(画像を検索して)確かにイケメンですね。」

ですよねっ!(力説)トウマくんは二十歳で、設定だと茗荷谷に住んでいるんですよ~。だからこないだ電車で茗荷谷の駅を通ったとき、つい顔がニヤけてしまって…。(しばらくトウマくんの話が続く)

すっごい楽しそうに話すよねえ~(笑)。

もうあっちの世界へのトリップ願望がすごいですね。

二次元好きになったのはいつ頃から?

記憶にある中ではずっと漫画を読んでいました。お母さんが「セーラームーン」を好きな人だったから、小さいころから外で友達と遊ぶより家でアニメ見る、という感じでした。漫画や小説はドンドン読ませてくれたので「りぼん」、「なかよし」、「ちゃお」この3冊は全部読んでいました。特に「怪盗セイント・テール」が(なかよし)大好きでした!

BLとかは?

それはなくて。私、自分がヒロインになりたいんです。

なるほど〜となるとエッチな妄想も二次元?

そのほうがいいです。生身の人だと……汗かくし…って思っちゃう……。

篠宮ゆり

なんだそりゃ!自分だって汗かくでしょ!(爆笑)

昔、当時付き合っていた彼に「エッチしよう」と言われたときに「だって(アナタは)汗かくし」って言って断ってしまったことがあって。二次元の世界に夢中すぎて、こじらせ過ぎていたんです。

ハハハ! 相手の反応は?

「は? 遂に頭おかしくなったの?」って言われました…(笑)。「しまった!」と自分でも思いましたね。

二次元の登場人物への愛と情熱はすごく伝わるんですがお仕事でエッチするAV男優って真逆のタイプですよね。中にはそれこそ汗臭い人もいるでしょ?そこはどう切り替えてエッチしているの?

お仕事のときはその性格を捨ててきます。「篠宮ゆり」モードに切り替えていってますね。だから最近はゲームも現場に持って行かないんですよ、感情移入して泣いたりしちゃうんで…。

現場でゆりちゃんが泣いたらみんな心配するって!(笑)

普段は怒ったりしないのに二次元のことだと感情的になっちゃうんです…エヘヘ。

AV女優「篠宮ゆり」と本名の私ってかなりキャラが違う?

全然違いますね、友達にも言われます。「こんなにアンタ、しゃべれるのー!?」とかニコ生を見てビックリされます。ついこないだも「やたら饒舌で笑うんだね」って言われました。

本名の自分から見て「篠宮ゆり」ってどんな人だと思いますか?

頑張ってる子だと思います。色んな現場を楽しんでやっている子。昔から「生まれ変わったら活発な子になろうと」思っていたんですよね。ちゃんとみんなとお話をして、仲良くて、コミュ力高い子になりたかったんです。

「篠宮ゆり」はコミュ力高いと思いますよ

本当ですか?よかった……うふふふ。

現実の「リアルな自分」じゃできないことを「篠宮ゆり」で体現しているんですね。いやはや奥が深い…!

(篠宮ゆり vol.3へつづく)