篠宮ゆり vol.1Yuri Shinomiya

2012年に「純真」(宇宙企画)でデビューした篠宮ゆり。1年半で出演作は120本という人気女優だが最近ではそのキュートな外見に反して様々なジャンルの作品にも挑戦している。そんなロリ娘の今の心境にググっと迫る。

やったことないものをそのままにして死んじゃうのがもったいない

今年で2年目だけど、最近では「解禁☆黒人ファック」(ダスッ!)や「少女、いただきます。」(ドグマ)など意外と(?)ハード企画にも挑戦していますよね。

最近特に楽しいんですよね、撮影が。

ハードプレイって「コワイ」「痛い」というイメージからなかなか挑戦しない女優さんもいるけれど、それが「楽しい」とはなんとも頼もしい!

やったことないものをそのままにして死んじゃうのがもったいないと思うんです。慣れていない人にプライベートでハードなことをやられて、ツラい思い出になっちゃうのは嫌だけど、プロの人にやってもらうのはワクワクします。やってみたいんですよね。なので撮影前はいつも「明日の現場楽しかったらいいな」と思っていますよ!

好奇心旺盛ですね~!

はい(笑)よく言われます…。ドグマさんのときは事前に「思い切りビンタするから」って言われていて、覚悟していたんです。で、実際も本当に思いっきりだったんで笑っちゃったんですよ、「うわ、マジだ…!」って。でも泣き叫んだりすることはなくて撮影は楽しくて充実していました。

篠宮ゆり

これに限らずハード現場のオファーが来たときの心境は?

私…初めてのことをやるときって「私ができると思いますか?」ってマネージャーさんに相談するんです。「できると思うよ!」と即答されたので「じゃあやってみようかな」と。この作品に限らずいつもそんな感じです。黒人ものの撮影のときも「一回やってみてダメだったら次はまた考えよう」と思っていました。

ゆりちゃんの性癖としてはどんなセックスが好きなのかな?

私、私生活だったらすっっごいノーマルなのがスキなんですよ!(力説しながら)

「すっっごいノーマル」とは?

体位なら密着した正常位が好き…現場だと女優さんのカラダが見えないからダメだけど(笑)。ちょっとした優しさを感じるセックスが理想です。「痛くない?」とか「体勢ツラくない?」とか気遣いが感じられるのも嬉しいな。相手がちゃんと自分の目を見てくれるのも大事だし、頭を撫でてくれるのも大好きですね。

篠宮ゆり

なるほど。となるとプライベートはノーマルだからこそ、その分AVでは色んなことをやってみたいということなのかしら?

はい、そうなんです。AVの撮影だとちょっと「無理矢理感」があるのが好き。電マで強引にイカされたりする、みたいな。だけどプライベートでそれをされたら嫌になっちゃうんですよね。

となると、もしプライベートでゆりちゃんに出会って、エッチまでこぎ着けたとしても「篠宮ゆり」のAVを超勉強してそれをマネしてもNGってことだよね?(笑)

はい、「本当に嫌」って超冷静に私生活では言っちゃうと思う(笑)。プライベートだと自分はイカなくても別にいいんです。雰囲気がよければそれで満足してしまうので。

オンオフがハッキリしていますね。

そうなのかも! あと、最近思うのがハードな作品のリリースが続くとファンの方に心配されたり、可哀想と言われたりするんですけど、私自身は楽しんでやっているんですよ。なのでこれまで通りみなさんにも私を好きなままで応援してもらえるように一生懸命頑張るので、みなさん仲良くしてください!

(篠宮ゆり vol.2へつづく)