まりか vol.3Marica Hase

今年1月のAVNアワードではKinkiest Performerにノミネートされたまりか。残念ながら受賞には及ばなかったが最近では撮影から監督業まで益々精力的に活動している。撮影現場や今後についても語ってくれた最終回。

ポルノには無限の可能性がある

アメリカでの撮影はかなり慣れたでしょう?

そうだな〜相変わらずハードなこともやっているし、マッサージもののオファーはよくあるなあ。欧米の人って手先の器用なアジア人がマッサージ師やネイリストをやるっていうイメージがあるから、どうしてもアジアのモデルにはその手の企画のオファーはよく来るのね。あと緊縛もあるかな、みんな「ナカ、ナカ」って呼んでる。

縛師の奈加あきらさんのこと?

そう、あっちでも有名みたい。「まりかは緊縛をたくさんやったことがあるからやりやすいね!」と言われて「ほら」と奈加さんにやってもらった写真を見せると一気に「きょ、恐縮です…!」みたいな雰囲気になる。

marica hase vol.3

有名なんですね〜!

フェティッシュ系の人たちの日本のイメージって「アニメ・富士山・奈加あきら・痴漢」って聞いたことがある(笑)。

痴漢と並ぶって!(笑)今は撮影していてどんなジャンルが楽しい?

う〜ん、ペントハウス系かな。

というと?

キレイ系かな、特に写真が。しばらくやって感じたのがあっちだとハード系もそうだけど美しくキレイに撮るジャンルも関わっている人はみんな「ポルノスターなんだから一般人ができないことをやろうぜ」みたいな意気込みがあって。キレイに撮るとなったらとことんキレイに美しく撮るのね。もちろんそれは絡みも含めて。絡みも3Dカメラを3カメで撮るんですよ。

3カメで!?

3カメだと一箇所くらいはブサイクな角度もあるじゃないですか。そうするとカメラが止まって角度も全部やり直し、ってこともある。ペントハウスは特に厳しいから。

それって1日で撮るの?

1日だとどう頑張っても1シーンかな。このやりかただと日本みたいに1つのDVD作品は1日で取れない。セッティングもかなり時間をかけるし。まりか、自分で見ていて思ったんですけどモザイクがないほうが撮影に時間がかかるんですよね。

全部見えちゃうから?

影になっちゃいけない部分が顔だけじゃない。アソコも暗くなっちゃいけないの。だから両方明るく写すには角度にもすっごくこだわる。騎乗位でも日本だったらOKなものも「アソコに影ができるのになんでこんな騎乗位をやるんだ!プロフェッショナルじゃないな!そんなの初心者でも分かることじゃないか!」って言われちゃうんです。日本の今までのやり方をやっていてもダメって言われちゃう。

「郷に入っては郷に従え」ということですね。

あと女優さんの評価もちょっと違うのが面白い。

marica hase vol.3

どんな風に?

新人がデビューして「あの子は絶対に売れそう」と言われるのって日本だったら「可愛いから」とかでしょ。

まあ王道単体はそうだよね。

でもね、アメリカだと「売れそう」っていうのは「強そうだし、大きいから」って聞くことがあるの。

どういうこと?

体とかおっぱいが大きいっていうだけじゃなくて、強くてセクシーな女性が人気が出るみたい。「おっきいし、強そうだから売れるよ」って。でも日本でも人気のミアキャメロンは、また違うタイプの子なのに日本でもアメリカでも売れたのがすごいなって思った。

まりかちゃんも桃太郎映像出版で共演しているもんね。では最後に…今年は改めてどんな1年にしたい?

う〜ん…普通のポルノスター、アハハハ!(笑)

普通の?今はまだ普通じゃないの?

2014年まではハンデがあるポルノスターだったから。でも今は少しずつ色んなハンデを埋めていったから少なくてもみんなと同じスタートラインに立てるのなって思って。

なるほどね。

けどハンデがなくなったらまた深いところでの勝負が始まるわけでそれはそれで厳しいなあとも思ってる、ウフフ。去年、アメリカで暮らしてポルノには色んな可能性があるんだってことを知って。日本だったらキャリア積んで一周すると「そろそろいろんな作品にも出たし、やり尽くしちゃったな、これからどうしよう」って思うこともあると思うのね。でも一周しきれないと思うの。

広過ぎるもんね。

だから「どうなりたいですか?」って聞かれるとね、ポルノスターは「分からない」ってよく答えるんだって。で、その次に「THIS IS PORNだから」って続ける。

可能性が無限だからどうなりたい、とか簡単に言えないってことか。

だからまりかもゆくゆくは監督業も興味があるけどまだ分からない。だって「THIS IS PORNだから」!