まりか vol.1Marica Hase

'09年にグラドルから転身しAVデビューを果たしたまりか。清純派単体女優として活躍した彼女は、徐々にアナルやSM、緊縛等のプレイにも挑み「ハードコアの女王」と言われるようになる。そして2012年…

アメリカでは稼ぐも稼がないも自分次第だって知った

…単身渡米した彼女は日本人初のペントハウスペットの称号を獲得し、2014年1月、ポルノ界のオスカーとも言われるAVNアワードではレッドカーペットを歩いていた。久々に一時帰国したまりか、いや、MARICA HASEにその近況を聞いてみた。

注:ペントハウスペット=男性誌「ペントハウス」のセンターグラビアを飾る月間MVPのような存在

久々に日本に帰ってきた感想は?

2014年4月からずっと向こうだったから、気付いたら日本の消費税が8%になってた!

ああ、そうか(笑)。

「カリフォルニアって消費税8%なんだよ! 高いよね!」って友達に言ったら「え、今、日本も同じだよ!」って言われて…アハハ!

marica hase vol.1

日本に一時帰国している間も撮影していたんだとか?

はい、1月3日から撮影していました。それも5人の黒人さんとのハッピー乱交! 皆がワイワイしてるところにまりかが着物で出てきて、挨拶して「じゃあみんなでパーティー、パーティー!」みたいな…ウフフ。なんだか年明けからおめでたい内容でしたね〜。あとはコスホリも初参戦したし一時帰国中も忙しく過ごしましたね。

充実してますねえ、そしてタフ! 渡米したばかりの頃はアメリカの生活に慣れるまで大変だったと思うけど、いまやブログやツイッターを見るとすっかりアメリカの生活にも慣れているようだよね。

去年、免許を取って運転するようになって。日本でも運転しなかった私が…(笑)。あっちはスーパー行くのにも車が必要で、そうなると車がないと何も生活できないから。でもまだ慣れていなくて知らない間にキズが増えていってんの、ウフフフ(笑)。車を買ってから一週間は、ルームメイトがスパルタ教育してくれて「アメリカ政府がキッチリしてないから、あたしがこんなに(運転を)教えるハメになるんだ」ってグチってたレベル!

じゃ、免許取るまではどうしていたの?

それまでは「あ、そうだ! テスト(性病検査)の日だった! 採血行かなきゃ!」となったら誰か見つけて「ねえゴハン行こうよ〜! あ、ついでにテストの場所までも送って!」ってどっかのキャバ嬢みたいなことやってた(笑)。

ゴハンの後に性病検査!(笑)

ちなみにアメリカでは2週間に1度の検査が義務づけられているの。1回175ドル。

ということは月2回で350ドル、今のレートだと4万円強ってことか。

そうだね。で、性病検査自体は完全自費なの。日本みたいにメーカーさんに領収書を渡したら払ってくれるというものでもない。

じゃポルノスターは基本4万円を稼がないと赤字ということか…。マイナスからのスタートだね。

確かに。だから月に1回くらいしか現場が入らない子は大変だと思う。

シビアだなあ。

アメリカのシステムも向こうはみんなが「それが当たり前」と思っているから、わざわざ教えてくれないし。「まりかは英語はあまりしゃべれないけど別に日本でもAVやっていたんだから他のことは知っているでしょ?」って感じだから尚更。だから車を持ってからはちょっと疲れていても誘われたら色んな人が集まる場所に行くようにして、そこで知らない単語が出たらすぐに「なにそれ?」って聞くようにしてる。でも最近どう考えてもおかしいな、ということがあって。

なにがおかしいの?

ポルノ現場にはほとんど入っていない、半ば引退しているくらいの女優さんが一ヶ月でBMW3台を買い変えたり、中には豪邸を買ってる子もいて。「なんで皆そんなにお金持ってんの?」って不思議でたまらなくて。

日本のAV女優が稼いでいる額とケタが違うわけだ。

だって日本よりも出演料自体はアメリカのほうが安いし。だからここしばらくはそういう女の子のツイッターを見て調査したの。

で、何がわかった?

「稼ぐも稼がないも自分だ」ということに気付いたの。

marica hase vol.2

というと?

私たちはエージェントを雇って仕事を紹介してもらうんだけど、エージェントは本当に撮影現場を紹介してくれるだけ。で、「今月○本撮影が入ったから、私のギャラのうち○%を手数料として払います」といって月末に小切手を渡すの。だからもしそれ以外の仕事をしたい、と思ったら全部自分で探さないといけない。たとえば雑誌のインタビューでさえも。

雑誌まで!?

そう。自分で媒体を見つけて来るの。あとは小さいものだったら日本でいう「○○ちゃんが現場で履いたパンティーをプレゼント!」みたいなのがあるでしょ。そういうオークションや読者プレゼントの手配も自分でやるの。

具体的には?

オークションならそのサイトに自分がポルノスターだ、っていう証明書みたいなのを提出して、登録できたらPO BOXを作るの。

いわゆる私書箱か。

そうそう! というのもそれはエージェントからの仕事じゃないから自分で私書箱を作るのね。で、そのあとはお客さんがクレジットカードで払いたいという場合に備えてPayPalの手続きもして…そこでやっとオークションの仕事ができるようになるの。だから日本みたいに「これにサインしてください」「じゃあオークションに出しますよ」ってやってくれるわけじゃない。

なるほどね。まあでも日本だとそこでオークション落札額が全て自分に入って来るかどうかは事務所によるよね。

うん。だから登録さえしちゃえば物でなくても…たとえばファン用のSkypeアドレスで「30分 ○ドルでチャットしますよ」みたいなこともできる。要は事務所を通さないから全部ギャラが自分のものになる。

確かに。

あとは人気のある子だったらたいていデザイナーを雇って自分のグッズを作ってるのね。

グッヅ?

写真からショッピングバッグ、マウスパッドとか自分で売ってる。

アダルトグッヅじゃなくて? 「○○ちゃんのオナホール」みたいなのを想像しちゃったんだけど。

うん、エロじゃなくて一般的なものだよね。自分の写真でTシャツ作ったりしている子もいる。ジェシーアンドリューズという人気ポルノスターのオフィシャルサイトはすごくて。そこから自分のCDをiTunesストアで買えたりするの。アクセサリーも売っていたり。

(サイトを見て)ホントだ!ツイッターもフォロワー20万人超えだし、サイトもカッコイイ! 日本と仕組みが違いすぎる…。

まりか vol.2へつづく