加納綾子 vol.1Ayako Kano

2011年のデビューから約3年、「セックスモンスター」「変態痴女」などの名を欲しいままにしてきたバイセクシャルAV女優、加納綾子。アナルフィストなどハードな作品を中心に活躍する彼女の貪欲な性の追求に迫る。

レズのハメ撮りは忙しくて大変!

デビューのきっかけは?

応募しました。きっかけはスカウトです。当時エステティシャンをしていて、通勤の時に路上でいきなり「AVをやらない?」って言われて。

そのままついていったんですか?

その時は名刺だけもらいました。それまでずっと海外にいたもので、当時のAV女優の仕事やAV業界について全く知らず「なにそれ?」という感じで。
それで、仕事が終わってすぐ家に帰って色々と調べてみたんですね。そしたら、面白そうだなって思って。以前からエッチな仕事にちょっと興味がありましたし。
早速スカウトしてくれた人に連絡しようと思ったら、名刺なくしちゃっていて。しょうがないからネットでAV女優のなり方を検索して、一番目に出てきたAVプロダクションのホームページを見て応募して、という感じです。

その日のうちに…早いですね(笑)

AVに出ること自体は面白そうだなって思ったことはあったんです。でも、20歳くらいの若い子しかできないものだと思ってました。スカウトされたときは二十代後半だったので、「えっ、大丈夫なのかな。できるならやるけど」って思いました(笑)。

加納綾子

性に対する興味はずっとあったということですか?

そうですね。人前でそういうことするのにもちょっと興味がありました。

最初の仕事は覚えていますか?

はい。素人人妻もののハメ撮りでした。確か雑誌の付録のDVDで「素人人妻が応募してきた」というような設定だったと思います。雑誌編集さんがカメラマン兼男優さんで、指定されたホテルに行って自分でメイクして…といった感じでした。

「現場」という雰囲気ではなさそうですね。

そうですね。大勢の方の前ではなかったのであまり緊張しないで済みました。スタッフさんが何人もいる現場だったらちょっと困ってたかもしれませんね。なので最初の撮影は楽しくというか、気楽にできました。

「最初の撮影は」という事は、その次は…?

はい、2回目の撮影は大変だったんですよ。お芝居系の現場でしたので、台本にシナリオやセリフが細かく書いてあって…。「AVってこんなにセリフがあるの!?」ってびっくりしました。

どんな役柄だったのですか?

人妻モノの奥さん役でした。とにかくセリフが多くて「絶対無理!」って思いました。

当日までに覚えられましたか?

台本は当日、現場で渡されて、その場で読んで覚えつつの演技でした。セリフは全部覚えなくても、途中途中でフォローして頂いたのですが、今まで演技の経験が全く無かったのでとにかく大変で…。カラミもあって、セリフもあって、「ほんと無理!」って(笑)。

カラミを楽しむどころではなかった?

いや、そういうことはなかったですね(笑)。

そこはさすが(笑)。今度のお相手は編集者ではなくプロの男優さんですよね?

はい。男優さんには、カメラにきちんと映るように「顔はこっち向いて」だったり、「角度はこうで」など、色々と助けてもらって…。作品として見せる事の大変さを教わりました。
このお芝居モノの撮影で、少しこの仕事向いていないのかもって思ったりもしました。続けているうちに全てそういう仕事ばかりじゃないんだって安心しましたけど。

壁にあたってしまった感じだったんですね。お芝居モノで特に難しいと感じた点は?

自分が使わない言葉がセリフにある点ですかね。「○○だわ」とか。人妻役だったのもので、奥様言葉を言わなければならないのが特に大変でした、噛んじゃって(笑)。

でもその後順調にお芝居モノに出演していますよね。

そうですね。エステティシャンやOLさん、あと女社長、女上司など割と決まった役柄が多いです。エステ着を着ているか、スーツを着ているか、という。

デビュー時のような人妻役は最近あまりないのですか?

人妻役は今はほとんどないですね。デビューしてしばらくの間はちょいちょいありましたけど。

途中で路線が変わったと。

そうなんです。ある監督さんにおっしゃって頂いだんですが、人妻役をやるには子育てや家事に疲れている感じが出ていないようなんです。それで人妻路線は却下されちゃいまして。以降、主婦の役は来なくなってしまいました。

加納綾子

路線変更の他に何か変化はありましたか?

最近はレズものが多いですね。お客さんとレズプレイに及ぶエステティシャン役や、好きな女性社員を頂いちゃう女社長役みたいなのが多いですね。

因みに男優さんとのカラミとレズとではやはり勝手が違うものなのでしょうか?

女の子も好きなのでどっちでもいいんですけど、撮影でやる場合にはレズのほうが難しいかな…。

レズの撮影ではタチ(攻める側)ですよね。特に気を使う点はあったりしますか?

この娘はお尻がきれいだから、お尻がちゃんとカメラに映るようにしないと…とか、考えますね。

お互いをきれいに見せないといけないから一層大変なんですかね。

そうですね。前にハメ撮りをやったんですよ、レズの。私がカメラを持ちながら、相手の女の子を攻めるハメ撮り。男優さんが相手の場合には、男の人が入っている部分を近くで撮ったり、女の子の顔を撮ったりすればいいじゃないですか。でも、レズの場合は相手も私も一緒に撮らないといけない、二人とも画面に入っていないといけないないので、 相手も写しつつ、自分も映さないといけないのが、すごい難しくて。相手の顔や胸や股間を写しつつ、自分の胸や顔や股間も写しつつ…自分が相手を触るときには触っているところを撮らないといけないし、触られている相手の顔も撮らないといけないし…触っている自分の顔も撮らないといけないし…結構難しい…(笑)

レズのハメ撮りは忙しくて大変なんですね(笑)。自分も撮らないといけないのは、男優さんがやるハメ撮りとはまた違った難しさがありそうです。

すごい大変。相手ばっかり撮っていて自分があまり写っていないとかダメですし。でもまあたのしいですよ、レズのハメ撮りも。

レズのハメ撮りは監督さんの指示に従って進行するんですか?

メーカーさんによって違いますね。何回も出演させていただいているメーカーさんですと「いつもの感じで…」と、何となく決まっていたり、色々です。

という事はご自身で考えて撮影する事も?

はい、「お好きなようにどうぞ」と言って頂けることもあります。その時は、相手の女の子を見てどう撮ろうか決めますね。相手を見ると色々浮かんで来るんですよ。

それはかなりの高スキルじゃないですか。ときに、相手の女優さんは年下の事が多いですか?

年上の方がお相手の場合もあります。エステのレズものですと、熟女の方がお客様でいらして…というのが多いですね。一方、上司や女社長役の場合は年下のコが相手になる事が多いです。

年下と年上ではぶっちゃけどちらが好みとかありますか?

私自信は年上の女性、熟女さんが好みです。熟女さんを攻めるのが好きですね。

そう言えば、ネコ(攻められる側)に関してはどうですか?

今のところレズものでネコ役はあまりないですね。だから、どうなのかあまり想像がつかないです。
ただ、個人的な好みとしてはやってやられての繰り返しがいいですね。

(加納綾子 vol.2へつづく)