有村千佳 vol.4Chika Arimura

ツイッターフォロワー数10万人超、ブログは常にランキング最上位、そして今年7月ゲーム「龍が如く0」の出演をかけた人気投票で1位を獲得した有村千佳。ノリに乗っている彼女の2014年は一体どんな年だったのだろう?

別に「すごい有名になりたい」ってわけじゃないんです

今年はどんな1年でした?

色んな事があって、ウフフ(笑)でもやっぱり「龍が如く0」の投票で1位になれたことが一番嬉しかったんですよー。

そうだよね、改めておめでとうございます!

ありがとうございます!

ニコ生、リアルタイムで見てました。

ボロボロ泣いてましたよね~私。人生の中で一位って初めての経験だったんです。そもそもそういうのにノミネートされたことこれまで殆どなかったし、投票が始まるときは「10位内に入ればいいかな」って軽いノリだったんですよ。Twitterも毎日告知しすぎるのも心苦しいし。

有村千佳vol.4

じゃあ自分でも嬉しいサプライズだったんだね。

そうです。それまで勉強でもスポーツでもいつも最後の方とか中間だったんで…だから(結果発表のときは)もう泣き崩れましたね、ほんとに。(笑)「一位にしてくれて本当に良かったー」という思いで胸がイッパイでファンの皆さんに感謝です。でも正直、ノミネートされて、ファンの人にお願いして投票してもらうっていうのが、なんかすごく過酷だなあってって思いました。

みんなそのプレッシャーについては言っているよね。さっき「一位になったことない」って言っていたけどブログは常に上位で一位にもなっているよね?

今も一位になることあるのかな。最近全然ランキング見ていなくて。でも最初ツイッターをやり始めた頃に少しエロい画像をアップしたらリツイートやお気に入りの数がやたら伸びたんですよ。それで「ひょっとして単純な仕組みなのかな?」って思ったんです。で、ブログもランキング上位の人のを見ていたらエッチな画像をたくさん出しているなあって気付いて。そこで普通にエロ画像をアップするだけじゃなくて、ストーリー展開にして、小説みたいに書いてみたらもっと多くの人が読んでくれるかなーって書き始めたんです。

作業はケータイ?パソコン?

パソコンです。写メは転送したりして…意外と手間がかかりますね(笑)。でも文章を書くのが好きなんです。っていうか話すのが苦手だから文字にしたほうがラクなんですよね。

そうなのね、しかしオチもちゃんとあるし、いいブログだよね。

ありがとうございます。でも最初は「誰か別の人が書いているんでしょ」って言われたこともありますよ(笑)。

まさかのゴーストライター疑惑!

ねえ(苦笑)。結構あれ書くの時間かかるんですよ。写真を整理するのに1、2時間くらい、文章は大体1時間くらいで終わるんですけど。

普段は現場や仕事が終わってから更新しているのかな?

そうです。

よく起きていられるね。エロくてエラ過ぎる…。

頑張ってしないとダメだって思って。

そのモチベーションは有名になりたい願望?それとも性格が負けず嫌いだからとか?

うーん、別に「すごい有名になりたい」ってわけじゃないんです。ただファンの人たちに楽しんでもらいたいっていうだけなんですよね、私の場合は。そもそもAVも自分の性欲のために始めたので。別に一位になるとか正直どうでもいいんです…(笑)。

有村千佳vol.4

で、今やブログもランキング上位だし、ツイッターも10万人越えという。

ありがたいですよねえ。

これまでファンから言われて嬉しかった言葉と逆にムカついた言葉って?

嬉しかったのは「ちかっちをきっかけにDVDを観るようになりました」とかかな。ムカつくのは「Twitterでリプされないからファン辞めます」ってわざわざ言いに来るのとか。あとは「ご両親知ってるの?」とか。

あ〜「AV女優を見下す系」ね。

「自分の意思でやっていることなのに、どうして両親の話を出す?」みたいに思っちゃう。

ちなみにエゴサとかするの?

しますよ(笑)。こないだ「にちゃんねる」を見たら私が大学に通ってることになっていたり、デビュー前にニコ生主だった…とか。見ているうちに逆におもしろくなっちゃいました。

打たれ強い?

打たれ強くなりましたね。初めの頃は辛い涙を流して強くなりました、アハハハ。主にブログのコメントとか「にちゃんねる」が主ですけど。

今そういうので悩んでいる新人女優がいたら、先輩としてどういうアドバイスをしますか?

シカトしないとダメだし、耐えるしかないときもあるよって。逆に口を出してしまうと炎上して更に書かれるよっていうことかな。

人って強くなるものなんですね。

デビューから5年経って図太くなったのかも(笑)。あとはこの仕事してから人の目を見られるようになったもの大きいかな。それまでは見れなかったんです、喋りベタだから自信がなくて。

ネットの悪口が気にならなくなった、人の目を見られるようになった。成長しまくりですね。

いや~やっとですよ~(笑)。

(有村千佳 vol.5へつづく)