有村千佳 vol.2Chika Arimura

どんな作品であって、女優の力で魅せてしまう。そうした実力派の女優がAV界には何人かいるが、有村千佳はその一人だ。

AV女優という仕事は人間の全部を表現できる

AV女優って仕事をどう思います?

普通のドラマとか映画をやる女優さんって、エロのシーンはあまり出来ないじゃないですか。私たちはエロも出来るし、普通のドラマのシーンも出来る。だからオールマイティっていうか、人間の全部を表現できる職業じゃないかなって思うんですよ。ラジオやってるコもいるし、テレビ出るコもいるし、いろんなことが出来るし。

最初は一回だけで辞めるつもりが三年続いてるってことは、やっぱり面白い仕事なんですか?

この仕事が好きなんですよ。楽しくてあっというまに三年経っちゃった。面白いですよ。何が面白いのかよくわからないんですけど(笑)。うーん、人間関係かな。これでイヤな人がいたりすると違うのかもしれないですけど、あんまりそういうことも無いんですよね。

最初の撮影のこと、覚えてますか?

はい。最初は興味半分で、一回だけやって辞めようくらいの気持ちだったんです。でもやってみたら、すごいフレンドリーな感じで現場が進んでいって、「え、AVってこんな感じなんだ」って驚きました。

有村千佳

もっと怖いと思ってました?

やっぱりそういうイメージはあるじゃないですか。でも、みんなすごく優しくて、不安もなくなって。

裸を見られる抵抗はありませんでしたか?

すごくありました。自分の身体に自信がなかったから。でも、いざ一回脱いじゃうと、全然平気になっちゃうんですね。今は、現場ですっぱだかで歩いてて、スタッフさんに「着てて下さい」って言われるくらいです(笑)。慣れってこわいですね。

一回で辞めるつもりが、続いたのは?

一本目の作品が出て、パッケージに私が写ってるのを見て、すごいな、もっと出たいなって思ったんです。もっと私のパッケージを出して欲しいって(笑)。

目立ちたい、みたいな気分ですかね。もともとそういう気持ちはあったんですか?

学校生活で生徒会とかそういう前に出るようなことをやりたいとは思わなかったですね。でも雑誌とかに出れるなら出てみたいっていう憧れはありました。

じゃあ、今よりも、もっと有名になりたいという気持ちはありますか?

私、このまんまがいいな。今、応援してくれてるファンの人と仲良くしていたいんです。もしこれでもっと有名になっちゃったら、この人たちと仲良くできる機会が減っちゃうでしょう? 今、この状況が楽しいんですよ。満足してます。