天使もえ vol.2Moe Amatsuka

既に作品を見た方ならお分かりだろうが、天使もえはとにかく敏感に感じまくる。透き通るような白い肌を紅潮させ、セックスに没頭していく姿は頗る評価が高い。しかし実はその敏感ボディには訳が…天使の性技の原点に迫る。

初体験は昼から夜中までやっていました。

親戚のお姉さんの持っていた漫画にドキドキしていた、という話でしたが、初めてオナニーしたのはいつ?

小6かな。特にそのときは少女コミックは読んでいなかったんですけど、なんかヒマだったのでオナニーしちゃいました(笑)。

ヒマだったからって(笑)。じゃあそのときにはもう「イク」という感覚は知っていた?

そうですね。でもそんなに習慣的にはヤッていなかったと思います。

初体験は?

高1です。実はその前に中3のときに同じクラスの転校生と付き合ったことはあったんです。私はエッチなことに好奇心があったけどその子はそういう感じじゃなくてなかなかチャンスがなくて、チューだけでした。

天使もえvol.2

じゃあやっと高1になってエッチできた、と。その相手はどんな人?

幼稚園からの幼なじみだったんです。でも中学くらいで少し会わない時期があって、高校で再会したんです。

幼なじみとの再会ってちょっと甘酸っぱいね。

子供の頃はすごくイジワルだったんですよ。よくみんなで公園で遊んでいたんですけど、そういうときに髪の毛にツバを付けたり、とにかくムカつくことをされて。でも再会したら身長も180センチくらいになってて、性格も優しくなっていて。同じ人と思えないくらい変わっていてビックリしました。

ときめいた?

最初はお互いに「大きくなったね」みたいな感じだったんですけど、友達からその子が私のことを気になっているということを聞いて意識するようになりました。で、少し経ってから告白されてお付き合いすることになったんです。

少女漫画みたい!で、彼との初Hはどうだった?

緊張したんですけど相手がものすごく予習勉強してきたらしくて(笑)。ゆっくり丁寧にヤッてくれたので、お互い初めて同士だったんですけどスムーズにできました。

ゴムの付け方とかも滞りなく?

はい、しかもその人、ゴムを段ボールで買っていたんですよ(笑)。

やる気満々だなぁ、装着する練習をしてたのかもね~。ちなみに場所は?

彼の家です。ラブホに行く勇気はちょっと無くて…でも昼から夜中ぐらいまでヤッてたかも。

天使もえvol.2

丁寧といっても長くない?(笑)

相当丁寧でしたね、ウフフ。お昼の1〜2時から雰囲気を作ってイチャイチャするところからから始まって、それだけで1時間くらいかかりましたね。で、それから脱ぐのも結構時間かかってまじまじと身体チェックが入ったんです(照れながら)。

身体チェック?

はい、なんかもう色んなとこを見られて…なんか変わっている人だったんですよ、「興奮した高校生」というよりも「冷静なお医者さん」ってくらい淡々とした身体検査で。

童貞なのにその落ち着きっぷりはナンなんだ(笑)。

で、そこからすごい時間をかけて盛り上げて、挿入してからもゆっくりゆっくりで。もう終わったときは部屋がサウナ状態でしたね。

ほお~AVを見て予習していたのかな。

はい(笑)。そのせいでそんなにエッチに対して嫌悪感や抵抗がないんだと思います。本当にその人は変わっていて色々研究?っていうのかな、私を開発したかったみたいで、手でするときも「どれがいい?」「どの位置がいいの?」って強さを変えながら実験していくような感じでした。

良い彼氏じゃない! その年齢の男の子って発情期の猿みたいなパターンが多いのに。

サルはサルだけど利口な猿、フフフフ(笑)。最終的には「胸でもイケるようになろう」とか言いだしました。

で、イケるようになったの?

はい…(笑)。開発されましたね。だから今でもやたら敏感で撮影で男優さんにやられても「そんなイカないだろう」と思われそうなくらいすぐに感じちゃうんです。

感度は頑張って上げようとしても急に上がらないものだし良いことですよ。

そうですかね~ならよかった!サンプル動画を見て「キャンキャン言ってるなー私」って思っていたけど、これからもキャンキャン言っていいんですね(笑)。

(天使もえ vol.3へつづく)