愛須心亜 vol.3Kokoa Aisu

デビュー1年余で出演作が90本超えというハイペースな仕事ぶりの愛須心亜。アイドルユニット「マシュマロ3D」のライブ活動も精力的に行っている。その頑張りはどこから来るのか、活力の原点と今後の夢を語る最終回。

いつか越えたい人がいます。その人を越えるまで私は辞めない。

心亜ちゃん、自分はどんな性格だと思っていますか?

負けず嫌いです、メッチャ。子供の頃から、やりたい事に関しては絶対に続けるし、テッペン取るまでは止めないタイプですね。中途半端が嫌いなタイプなんですよ、マシュマロ3Dの活動に関してもそうでしたね。

というと?

正直、これまでマシュマロって中途半端な部分があったんです。だからお客さんも13人とか…全然入ってなくて。それじゃ悔しいし、空いてる時間はみんなでレッスンをしたい、という気持ちを伝えたら他のメンバーも同じモチベーションになって。今は本気でやっているから楽しいし、お客さんも増えて平日の夜なのに70人くらい来てくれるようになりました。やっぱ本気でやると結果もついてくるし、マシュマロは皆が本気で楽しんでやってるユニットだと言えます。

どんな風に心亜ちゃんはマシュマロを盛り上げて行ったのかな?

うーんと、私が率先して盛り上げたというよりも、みんなが同じ気持ちになって行った感じかな。私は「やるからには、ちゃんと研究しよう」と思って自分が持ってるDVDをみんなに見てもらいました。あとファンの方にツイッターで指摘されたんですよね。

愛須心亜

愛須心亜

どんな指摘?

私と同じようなAKBファンの方からだったんですけど、ダンスのキレや表現の仕方について。あとはその方から見たら私たちは「やらされている」ように見えたらしくて。ウマい下手よりも少なくても「楽しませようと言う気持ちが見えない」ってハッキリ言われました。そのツイッターの画面をスクリーンショットして皆にLINEで送りました。

ツイッターで指摘するってそのファンの方も勇気ある行為ですね。本当に思ってくれているからなんでしょうね。

そうなんですよ。だから全然イヤな感じじゃなくてプラスに捉えられました。今ではダンス練習で「出来ない」って言って泣く子や「なんで本番に弱いんだろう?」って悔しがるメンバーを見ると自分も頑張らなきゃって思える。皆がお互いを盛り上げて高め合ってる感じですね。こないだ川崎のクラブチッタでSEXY IDOL MUSIC FESTA 2014というのがあったんです。でも最初、正直ナメられていて「マシュマロ3Dってメンバー誰がいるんだ」とか言われてたんですけど、それが悔しいからいっぱい練習したんですよ。で、本番をやったらもの凄い盛り上がってくれて、他の事務所のマネージャーさんからも「マシュマロ良かった」とか「こんな練習してると思わなかった」って言ってもらったり、やっぱり結果に繋がるって手応えを感じましたね。

時に思うのは、こういうアイドル活動ってV撮影よりもギャラは少ないじゃない? AV女優になる人ってお金がほしくて業界に入る人もいると思うんですよ。

そうですよね。

ただ心亜ちゃんはギャラが少ないアイドルの仕事も一生懸命やっている。そのモチベーションはどこからくるのかな?って不思議に思うんです。

実はマシュマロ3Dの仕事って「仕事」って感じじゃないんです。逆に「ライブの日を楽しみに撮影を頑張ろう!」と思ってるくらい。あ、こんなこと言うと怒られるかもしれないけど(笑)。それぐらいマシュマロが楽しくて。皆メンバーは同じ事を言ってますね。あとはマシュマロのファンってAVのファンが少ないんですよ。地下アイドルが好きな方とかが多い。だからそういうファンにもAVのことを知ってもらえるっていい機会だなって思っています。マシュマロのライブにしか来られない女の子のファンもいっぱいいるんで、そういう子とも会えるし…。だからあんまりお金がほしいとは思わないんですよ。

愛須心亜

はあ〜素晴らしい。ちなみにこれは聞いていいのかな。ツイッターの自己紹介のところに「いつか越えたい人がいます。」って書いてあるよね。これは?

ここでは言えないんですけど、その人を越えるまで辞めないって決めているんです。実はまだ自分がこの仕事をしてるって親にも言っていないんだけど、もしバレたときでも結果を残した状態で堂々と胸張って説明したいし、自分がこの仕事したことを1ミリも後悔したくない。その目標にしている人になりたいというよりも、あそこまで行きたいんです。そうしたら「この仕事をして良かった」って胸張って言えるから。あとはこの業界に長く携わっていたいですね、メイクが大好きなんで、もし引退したらメイクさんになりたいという夢もあります。

いいですね! じゃあいつかその「越えたい人」が明らかになる日を楽しみにしていますね。ちなみに愛須心亜としてはどんな展開をしていきたい?

男女問わず、老若男女関係なく、「AV女優だから」とか「アイドルだから」とか関係なく、人間として好きになってもらえるような女優さんになりたい。そしてエロに対しても偏見とかを取っ払えるような存在になるのが目標です。

「エロに対する偏見」って自分がデビューして感じたことはある?

たっくさんあります。こないだもいきなり新宿でキャッチの集団に「ヤリマン」って言われましたね(苦笑)。あっちも私のこと分かっていたみたいで。でもそれに対して強くなれるのはやっぱ結果を出してからだと思うし、今の状態じゃダメだから、早く自分の仕事に胸を張れるようになっていかないとって思う。

強いね〜。

私は強いですよ~ウフフ。ダメになっちゃうとそれより先に行けないですからね。

最後に読者の方にメッセージをお願いします。

見ていて欲しいです、私の今後を。今のうちに会いに来ないと損する女優になるから(笑)、是非今から私のことを見ていて欲しいですね!