阿部乃みく vol.2Miku Abeno

アニメの声優のようなロリ声で楽しそうにインタビューに応じる阿部乃みく。ロリ美少女の性の目覚め、淡い初体験、その後の男性遍歴まで赤裸々に語ってもらったインタビュー第2回。

中学の頃は「モザイク要らなくない?」と思ってました。

しかしみくちゃんは本当に明るいですね。子供の頃はどんな子でした?

あまり今と変わっていないかも。通信簿にも「活発ですね」とよく書かれていました。ただ「落ち着きがないので気をつけましょう」とも一緒に書かれるという…(笑)。

じゃあ男の子ともワイワイできるタイプだったのかな?

そうですね。男友達のほうがノリも合う感じでしたね。下ネタもガンガン振られましたし。

でも明るくてサバけ過ぎていると逆にエッチなイメージが着きづらいけど、性の目覚めはどんな感じだったのかな?

少女漫画とネットです。中学のころ、お姉ちゃんが持っていた「マーガレット」とか「デザート」とかでキスやちょっとエッチな描写でセックスという存在を知ったのが最初かな。ネットは適当に見ていって、そのときに出てきたバナーを好奇心のままにポチっとして、サンプル動画を見て、指でクリをコスコスしてオナニーしていましたね。

阿部乃みく

中学生が見る動画ってどんなの?

私の場合は…その…海外の無修正サイトですね…。

うわ~それって刺激強すぎないの?

当時は「モザイクって要らなくない?」みたいな気持ちだったんですよ。

うっかり課金されたりしなかった?

当時はサンプル動画だけでもう充分なオカズでしたね~(笑)。特に紅音ほたるさんの潮吹きは強烈で、当時「何だ、これは!」と思ったのをよく覚えてます。

ちなみにそんなみくちゃんの初体験は?

15歳で、同い年の彼氏と。付き合うまでも2年間くらい片思いしていた人でした。きゃ~照れる…恥ずかしい。

無修正サイトの話をしている人が何を言っているんですか!(笑)

その人のことは中学校の入学式から片思いしていたんです。隣の席になったときから意識し出して。和服が似合いそうな…早乙女太一さんみたいなイケメンでした。

正統派だね~!

で、私も彼もハンドボール部の部活が一緒だったので、そこで練習を一緒にしたり、そのうち彼の恋バナの相談に乗ったりしていくうちに親しくなって。で、私からもう我慢ならず中2のバレンタインで告白したんです。

ロマンチックだなあ。デートは?

デートというか…中学生だったので私が通っていた塾が彼の家の近くだったから、自習の時間中に塾を抜け出して会いに行ったり…超ピュアでした。エッチするまでに1年近くかかって。中学を卒業して高校に上る前の春休みに私の家で2人で勉強していて、「ちょっとお昼寝する?」みたいな感じからイチャイチャして…。

晴れての初体験はどうでした?

向こうが超緊張しちゃって「あ、セックスって難しいんだな」と思いましたね。ムリヤリ挿れたけど彼がすぐダメになっちゃって。

いつ頃からスムーズに彼とセックスできるようになったの?

実はそれっきりなんです。

阿部乃みく

え!?

当時、ホームページを個人で作るのが流行っていてそこで自分しか見られない非公開の日記みたいなことを書いていたんです。で、その中に彼とのことをツンデレな感じ…「そんなことされても…マジ無いんですけどっ!」みたいなテンションで。で、ある日、彼がパスワードを解読してその日記を読んじゃったんです。

あらら…。

それが癇に障ったみたいで。しかもそれを彼の高校の友達も一緒に携帯で見ていたらしくて、周囲から「なんでこんな女子と付き合ってるの?」と言われて、フラれてしまったんです。

こういっちゃなんだけど裏日記がバレてフラれるって珍しいというか今っぽいというか…。その後の男性遍歴はどんな具合に?

そうですね、20人くらいかな。

今、二十歳で4年間で20人ってことは、単純計算で一年間に5人。以外とハイペースですよね。

ふふふ(笑)付き合う期間が一週間とか短い人がいたり、あとはバイト先とかモバゲーみたいなところから出会って知り合った人とか。

モバゲー!ちなみに彼氏と、体だけの関係はズバリ何対何の割合ですか?

彼氏が9で他は11かな?

意外と9人って彼氏の数も多いですね。

うふふふふ(笑)。すっごい仲良くなってから向こうから告白されたり、逆に自分から告ったりすることが多かったんです。で、「超好き!」という感じじゃなくてもお互い、後々の人間関係とか考えたら断れなくて付き合ったりすることもあったり。優柔不断なのかも?(笑)

いやいや性に貪欲なのでは?

あ、そういえば私、上京する前に初体験の彼と一度、ゴハンをしてそういう雰囲気になったんです。

おおリベンジ!

でも結果はやっぱり同じことになっちゃって。そしたら「普段はできるのに俺なんでだろう?」と悩んでしまって。すごい誠実で真面目な人なだけに「なんかごめん」という気になっちゃいましたね。そういった面でやっぱり初体験は忘れられないエッチ体験ですよね。

(阿倍乃みく vol.2へつづく)